ロレックス ROLEX を買うなら宝石広場

ロレックス ROLEX

ロレックス ROLEX

機械式時計が幅広く認知されている現代においても、世界中で最も人気が高いブランドはロレックスのままでしょう。数多くのブランドが日本に上陸してきても人気は衰えることなく、それどころか年を重ねるごとにさらに高まっているのではないでしょうか。

ブランドの成り立ちは1908年に創業者のハンス・ウィルスドルフによって商標登録された所まで遡ります。その後、1920年代には現代にも引き継がれているロレックスを代表する仕様である「オイスターケース」の特許を取得。1930年代には、アンティークウォッチ市場で人気の高い「プリンス」「バブルバック」を発売しました。1945年には、ロレックス社の創業40周年を記念するパーティーで「デイトジャスト」機構を発表。深夜の0時近辺で瞬時に日付が切り替わる機構は、「オイスターケース」「パーペチュアル機構」と合わせロレックスの3大発明とも呼ばれています。その後1950年代には「エクスプローラー」「GMTマスター」「サブマリーナ」「ミルガウス」、1960年代には「デイトナ」と、現代もロレックスの主力でもあるモデルを続々と発表しました。

モデルチェンジを経て発売されてきた歴代のモデルは、宝石広場の売上げランキングでも毎年上位を独占。新品・ユーズドともに各ブランド別の売上でも常に1番の座をキープしています。近年でも意欲的に各モデルに現代の新しい素材や技術を組み合わせたモデルに進化させ、2007年にヨットレースに特化した「ヨットマスターU」、2012年にロレックス初のアニュアルカレンダー機能を搭載した「スカイドゥエラー」といった新しいモデルも発表しています。

ロレックス デイトナ(新品)

ロレックス エクスプローラー(新品)

ロレックス サブマリーナ(新品)

ロレックス シードゥエラー(新品)

ロレックス GMTマスターII(新品)

ロレックス ミルガウス(新品)

ロレックス ヨットマスター(新品)

ロレックス デイデイト(新品)

ロレックス デイトジャスト(新品)

ロレックス パーペチュアルデイト(新品)

ロレックス エアキング(新品)

ロレックス パーペチュアル(新品)

ロレックス チェリーニ/プリンス(新品)

ロレックス スカイドゥエラー(新品)

ロレックス ROLEX (中古)



ロレックスの歴史

1905年
ハンス・ウィルスドルフがロンドンに時計の販売会社を設立
1908年
自社ブランドを設立。ロレックスと名付ける
1910年
腕時計として初めてクロノメーターを取得
1919年
スイス・ジュネーブに社を移す
1926年
三大発明の一つである「オイスターケース」で特許を取得。完全防水を達成
1927年
ロレックスの時計を着用した女性記者メルセデス・グライツがドーバー海峡を泳いで渡ることに成功
1931年
二つ目の発明、画期的な自動巻き機構「パーペチュアル機構」を開発
1945年
「デイトジャスト機構」で特許取得。日付表示が0時ジャスト瞬時に切り替わる機構で、三大発明の最後の一つ
1953年
オイスターパーペチュアルを付けたジョン・ハントの登山隊がエベレスト登頂を達成
1953年
エクスプローラー」「サブマリーナー」発売
1953年
「回転ベゼル」で特許を取得
1954年
24時間針を備え、航空時代に対応した「GMTマスター」発売
1956年
日付・曜日が表示されるラグジュアリーウォッチ「デイデイト」発売
1956年
磁気シールドでムーブメントを保護することによって、1,000ガウスもの耐磁性能を誇る「ミルガウス」を発売
1957年
「デイトジャスト」のレディースモデル発表
1960年
オーギュスト・ピカール親子が、ロレックス「ディープシースペシャル」を船体に付けた潜水艦"トリエステ号"で潜水深度記録を樹立する
1963年
コスモグラフ デイトナ」発売。防水性能が高く、タキメーターを備えたクロノグラフを持つデイトナは、耐久レースのドライバーの為に開発された
1967年
深海ダイバーの為、ヘリウムガスエスケープバルブを備えた「シードゥエラー」が発売される
1971年
エクスプローラーII」が発売される。特徴的な24時間針は、昼夜の区別がつきにくい環境において効果を発揮するよう、探検家たちに向けてつくられた
1978年
シードゥエラー4000」発売。4,000フィート(1,220m)防水の深海対応モデル
1992年
「パールマスター」「ヨットマスター」発売
2005年
傷の付きにくい、セラクロム(セラミック)製ベゼルを一部スポーツモデルに採用する。耐衝撃、耐磁性能に優れたブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイを開発
2007年
ヨットマスターII」発売。レガッタに向けた10分のカウントダウンタイマーを備える
2008年
防水性能をさらに強化した「ディープシー」発売
2012年
GMT機能とアニュアルカレンダーを持つ新しいモデル「スカイドゥエラー」発売
2012年
映画監督ジェームズ・キャメロンが、単独では初となるマリアナ海溝最深部への到達に成功。12,000mの防水性能を備えた試作モデル「ディープシー チャレンジ」が同行した
2013年
ロレックスがFormula 1の公式タイムキーパー・公式時計に

ロレックスについての豆知識

ステンレススチール

904Lスチール

ムーブメント供給

他社に部品やムーブメントを提供しないロレックスですが、唯一ムーブメントを供給していたブランドが、パネライです。

王冠マーク

ロレックスの象徴となっている所謂「王冠マーク」ですが、そのモチーフは"時計職人の手"とも言われています。

ROLEXの語源

ROLEXは、"Rolling"と"EX"を組み合わせた造語だと言われています。ROLEXの公式見解は発表されないので断定はできません。

操作方法・その他の知識

ロレックス 買取について

ロレックス修理・オーバーホールについて

最近チェックした商品