ロレックス デイトジャスト(新品) を買うなら宝石広場

ロレックス デイトジャスト(新品)

ロレックス デイトジャスト DATEJUST

”0時になると日付が瞬時に変わる”、1945年にロレックスが開発した「デイトジャスト」機構が搭載された3針スタイルの『デイトジャスト』。防水性と防塵性に優れた堅牢な「オイスターケース」と、高精度な自動巻き「パーペチュアル」機構の、ロレックスの三大時計機構が全て集約されたタイムピースとして長年にわたり人気を集めています。

現行モデルではメンズモデル・レディースモデルともに、パワーリザーブ性能や耐久性がアップしたロレックス独自開発の新世代ムーブメントを搭載して、プロフェッショナルスポーツモデルとは対極に位置するドレスウォッチコレクションの主力として展開されています。

サイズバリエーションが複数存在しメンズモデルでは、「デイトジャスト」として確立された1950年代からの伝統的な36mmケースモデルが、新世代ムーブメントを搭載した2018年のモデルチェンジ後からモデル名も新たに『デイトジャスト 36』として、41mmの大型ケースを採用して上位機種として2009年にデビューした「デイトジャストII」も、2016年に新世代ムーブメント搭載へとモデルチェンジし『デイトジャスト 41』として展開されています。

他にも、腕周りの細い男性だけでなく女性からも愛された31mmケースのボーイズサイズのデイトジャストが、2018年に新世代ムーブメントを搭載して『デイトジャスト 31』へ、1957年の登場より小ぶりなサイズで長年にわたってジュエリーのように女性から愛され続けるレディースモデルも、2016年に新世代ムーブメントを搭載し26mmから28mmへケースサイズがアップして『レディ デイトジャスト(デイトジャスト 28)』としてモデル名も新たに展開されています。

流行に左右されない美しさと高級感を兼ね備えたクラシックウォッチの典型とも言えるロレックスの『デイジャスト』コレクションを、宝石広場ではメンズ・レディース、素材やカラーなどのバリエーションを豊富に取り揃えております。

デイトジャストに関連するブログ記事

ロレックス デイトジャスト ステンレス メンズ(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス ユニセックス(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス レディース(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス・イエローゴールド メンズ(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス・イエローゴールド ユニセックス

ロレックス デイトジャスト ステンレス・イエローゴールド レディース(新品)

ロレックス デイトジャスト SS・ピンクゴールド&ローズゴールド メンズ(新品)

ロレックス デイトジャスト SS・ピンクゴールド ユニセックス(新品)

ロレックス デイトジャスト SS・ピンクゴールド&ローズゴールド レディース(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス・ホワイトゴールド メンズ(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス・ホワイトゴールド ユニセックス(新品)

ロレックス デイトジャスト ステンレス・ホワイトゴールド レディース(新品)

ロレックス デイトジャスト 金無垢 メンズ(新品)

ロレックス デイトジャスト 金無垢 ユニセックス(新品)

ロレックス デイトジャスト 金無垢 レディース(新品)



デイトジャスト(メンズ)の歴史と代表的なモデル

1945年〜1956年頃
ロレックス創立40周年を記念して発表された初代モデルRef.4467。
「センターセコンド」「3時位置の日付表示」という近年では当たり前となったスタイルの基礎を作り上げると同時に、「オイスターケース」「パーペチュアル機構」「デイトジャスト機構」という、後の「ロレックス三大発明」を全て集約すべく創業者のハンス・ウィルスドルフが特に力を入れて開発された時計である。(デイトジャスト機構が実際に搭載されたのは第2世代以降) 度重なるモデルチェンジが実施されているが基本的なデザインは変わることなく現行モデルにも受け継がれている。
1956年には双方向回転ベゼルを備えた派生モデル通称「サンダーバード」も誕生。

モデル情報

Ref.4467、Ref.6075、Ref.6105、Ref.6305

1956年頃〜1959年頃
第2世代となるRef.6605。
ムーブメントが両方向巻き上げの1000系キャリバー(Cal.1065もしくはCal.1066)に変更され、巻き上げ効率の向上や微調整が行えるようになるなど性能が底上げされたほか、初代モデル誕生より10年の時を経てようやく完成となった日付瞬転式のデイトジャスト機構が加えられた。さらにケースが初代より若干薄くなり装着感の向上も図られている。
また、このモデルよりロレックスのアイコンデザインともいえるサイクロップレンズが標準装備されるようになった。

モデル情報

Ref.6605

1959年頃〜1977年頃

Ref.1600

Ref.1601

Ref.1603

Ref.1625

1959年頃より第3世代のRef.1600番台にモデルチェンジ。クロノメーター取得のCal.1565が搭載され、1975年頃からは振動数が毎時18000振動だったCal.1565から毎時19800振動でフリースプラング式のCal.1575に載せ替えられた。
また、この第3世代よりバーインデックスとストレートの時分針を組み合わせたデイトジャストのスタンダードなデザインが確立された。

モデル情報

Ref.1600、Ref.1601、Ref.1603、Ref.1625等(Ref. 16**番台)

1977年頃〜1988年頃

Ref.16000

Ref.16013

Ref.16014

Ref.16018

Ref.16030

1977年頃から第4世代となるRef.16000番台がリリースされ、ムーブメントが毎時28800振動のCal.3035へと変更。
高振動化による精度の向上が図られると同時にハック機能や日付の早送り機能も実装され、より実用度の高い時計へと進化を遂げたが、Cal.3035は日付の早送り機能に脆弱性があり短命に終わる。
派生モデルのオイスタークォーツデイトジャストが発表されたのもこの時代である。

モデル情報

Ref.16000、Ref.16013、Ref.16014、Ref.16018、Ref.16030等(Ref.16***番台)
Ref.17000、Ref.17014、Ref.17013等(Ref.17***番台)

1988年頃〜2006年

Ref.16200

Ref.16203

Ref.16220

Ref.16233

Ref.16233G

最長のロングセラー品番となった第5世代は、Cal.3135へとバージョンアップ。
毎時28800振動は変わらずだが、日付早送りの脆弱性を克服し、テンプも片持ちから両持ちに変更され耐衝撃性能なども向上した。外装部では風防がサファイアガラスに変更されたことにより気密性の向上も図られた。
2004年には両方向回転ベゼルを備えた派生モデルであるターノグラフ(Ref.116263、Ref.116264、Ref.116261)もリリース。

モデル情報

Ref.16200、Ref.16203、Ref.16220、Ref.16233、Ref.16233G、Ref.16233NG、Ref.16233NR、Ref.16234、Ref.16234G、Ref.16234NA、Ref.16234NG、Ref.16238、Ref.16250、Ref.16253、Ref.16263、Ref.16263G、Ref.16263NG、Ref.16263NR、Ref.16264、Ref.16264G、Ref.16264NA、Ref.16264NG等(Ref.162**番台)
Ref.17000、Ref.17014、Ref.17013等(Ref.17***番台)

2006年〜2016年

Ref.116200

Ref.116201

Ref.116203

Ref.116231

Ref.116233

第6世代は搭載されるムーブメントはCal.3135であったが、外装部で大きな変更が施された。
ケースの仕上げが変更されたほか、ブレスレットのコマが中空から無垢材へと変更されたことにより、ブレスレットの剛性が格段に向上した。
バックルもコンシールドクラスプと呼ばれるデイデイトのような高級仕様になる。

モデル情報

Ref.116135、Ref.116138、Ref.116138G、Ref.1161319、Ref.116185BBR、Ref.116185NG、Ref.116189、Ref.116189/BBR、Ref.116189NG、Ref.116189ZEA、Ref.116200、Ref.116201、Ref.116201G、Ref.116201NG、Ref.116203、Ref.116231、Ref.116231G、Ref.116231NG、Ref.116233、Ref.116233NG、Ref.116233NR、Ref.116234、Ref.116234G、Ref.116234NA、Ref.116234NG、Ref.116238、Ref.116238G、Ref.116238NG、Ref.116243、Ref.116243G、Ref.116244、Ref.116244G、Ref.116244NG、Ref.116263、Ref.116285BBR等(Ref.116***番台)

2009年〜2016年

Ref.116300

Ref.116333

Ref.116333G

Ref.116334

Ref.116334G

2009年には41mm径のデイトジャストU(Ref.116333、Ref.116334)がリリースされ、メンズサイズのバリエーションが更に拡充される。
デイトジャストUはCal.3136というCal.3135のアップグレード版が搭載されており、2012年にはオールステンレススチールのRef.116300もリリースされた。

モデル情報

Ref.116300、Ref.116333、Ref.116333G、Ref.116334、Ref.116334G等

2016年〜現在

Ref.126300

Ref.126333

Ref.126331

Ref.126334

デイトジャストUの後継機となる、ケース径41mmの「デイトジャスト41」シリーズが展開される。

2016年からはCal.3135のバージョンアップとなる新基幹ムーブメント、Cal.3235を搭載したモデルに順次切り替わる。
Cal.3235はパワーリザーブが70時間に延長され、カレンダー早送りの禁止時間帯も無くなったことにより利便性が大きく向上している。

最初に搭載されたのはデイトジャスト41。
YGコンビのRef.126333とPGコンビのRef.126331がリリースされ、41mmのデイトジャストに初めてPGコンビがラインナップされた。
翌年、2017年にデイトジャスト41のWGコンビRef.126334とオールステンレススチールタイプのRef.126300がリリース。

モデル情報

Ref.126300、Ref.126301、Ref.126301G、Ref.126301NG、Ref.126303、Ref.126303G、Ref.126331、Ref.126331G、Ref.126331NG、Ref.126333、Ref.126333G、Ref.126333NG、Ref.126334、Ref.126334G、Ref.126333NG等

2018年〜現在

Ref.126200

Ref.126231

Ref.126233

Ref.126234

デイトジャストの後継シリーズとなる「デイトジャスト 36」が誕生。
待望の36mmケースにも、デイトジャスト41と同じくCal.3235が搭載された。

デイトジャスト41と同様に最初はYGコンビのRef.126233とPGコンビのRef.126231がリリースされ、2019年にWGコンビのRef.126234とオールステンレススチールのRef.126200もリリースされた。
これにより、メンズサイズのデイトジャストは全て新型キャリバーにバージョンアップが完了した。

モデル情報

Ref.126200、Ref.126201、Ref.126201G、Ref.126201NG、Ref.126203、Ref.126231、Ref.126231G、Ref.126231NG、Ref.126233、Ref.126233G、Ref.126233NG、Ref.126234、Ref.126234G、Ref.126234NG、Ref.126281RBR、Ref.126284RBR等

デイトジャスト(レディース)の歴史と代表的なモデル

1950年代
女性向けのデイトジャストが流通し始める。
1970年頃〜1983年頃

Ref.6917

Ref.6917G

26mmケースのレディデイトジャスト。
金無垢、コンビモデルなど現在と同じように豊富なバリエーションが存在した。
ムーブメントはメンズサイズに使われていたCal.1565, 1575を小型化したようなつくりのCal.2035。毎時28,800振動のハイビートキャリバーだった。

モデル情報

Ref.6917、Ref.6917G等

1980年代〜1998年

Ref.69173

Ref.69174

Ref.69178

Ref.69178G

日付のクイックチェンジ機能を備えたCal.2135を搭載したレディデイトジャスト。
外装では風防がサファイアガラスになり防水性能が向上した。
90年代半ばからは、ダイヤインデックス文字盤の石留が四角から八角形となり豪華な見た目に。

モデル情報

Ref.69068G、Ref.69068ZR、Ref.69078G、Ref.69136、Ref.69136G、Ref.69136MG、Ref.69138、Ref.69138G、Ref.69138ZE、Ref.69149、Ref.69158G、Ref.69158MR、Ref.69159G、Ref.69163、Ref.69163G、Ref.69168、Ref.69173、Ref.69173 2BR、Ref.69173G、Ref.69173MR、Ref.69173NG、Ref.69173NGR、Ref.69173NGS、Ref.69173NR、Ref.69173NRD、Ref.69174、Ref.69174G、Ref.69174NA、Ref.69174NG、Ref.69174NR、Ref.69174NRD、Ref.69178、Ref.69178G、Ref.69178LR、Ref.69178NG、Ref.69178NR、Ref.69179、Ref.69179 BIC、Ref.69179G、Ref.69179G BIG、Ref.69179NG、Ref.69198G、Ref.69238、Ref.69278、Ref.69278G、Ref.69288、Ref.69288G、Ref.69298G、Ref.69299NGR、Ref.69308、Ref.69318、Ref.69318 BIC、Ref.69318G、Ref.69319、Ref.69319G等(Ref.69***番台)

1999年〜2004年

Ref.79163

Ref.79173

Ref.79174

Ref.79178

外観の変化は少ないが、信頼性・メンテナンス性が向上したCal.2235を搭載し、型式番号も刷新された。
リューズ一段引きの日付早送り操作が上方向から下方向に変わる。

モデル情報

Ref.79068G、Ref.79068NGR、Ref.79078G、Ref.79088G、Ref.79089G、Ref.79126G、Ref.79136G、Ref.79136NG、Ref.79138G、Ref.79138LB、Ref.79158G、Ref.79158NG、Ref.79159G、Ref.79163、Ref.79163G、Ref.79166G、Ref.79173、Ref.791732BR、Ref.79173G、Ref.79173LB、Ref.79173LE、Ref.79173LR、Ref.79173LS、Ref.79173MA、Ref.79173N2BR、Ref.79173NG、Ref.79173NGR、Ref.79173NGS、Ref.79173NR、Ref.79173NRD、Ref.79173OPG、Ref.79174、Ref.791742PS、Ref.79174G、Ref.79174NA、Ref.79174NG、Ref.79174NGR、Ref.79174NGS、Ref.79174NR、Ref.79174NRD、Ref.79178、Ref.79178G、Ref.79178LR、Ref.79178MA、Ref.79178NG、Ref.79178NGR、Ref.79178NGS、Ref.7917NMR、Ref.79178NR、Ref.79178NRZ、Ref.79178OPG、Ref.79179、Ref.79179G、Ref.79179GN、Ref.79179MG、Ref.79179NA、Ref.79179NG、Ref.79178G等(Ref.79***番台)

2003年〜2016年

Ref.179171

Ref.179173

Ref.179174

Ref.179175

Ref.179178

ムーブメントに変更はないが、外装部に大幅なアップデートがなされた。
ラグの表面がポリッシュ仕上げに変更されたほか、ブレスレットのセンターリンクが中空から無垢材に変更された。
バックルにも変更が見られ、ジュビリーブレスではメンズサイズ同様コンシールドクラスプが採用され高級感が増した。

モデル情報

Ref.179136G、Ref.179136NG、Ref.179136ZER、Ref.179138G、Ref.179138NG、Ref.179138NMR、Ref.179158G、Ref.179158NG、Ref.179158ZE、Ref.179159G、Ref.179159NG、Ref.179159NR、Ref.179160、Ref.179161、Ref.179161G、Ref.179161N2BR、Ref.179161NR、Ref.179163、Ref.179163G、Ref.179163NG、Ref.179165、Ref.179165G、Ref.179165NG、Ref.179166、Ref.179166G、Ref.179166NRD、Ref.179171、Ref.179171G、Ref.179171NG、Ref.179171NR、Ref.179173、Ref.1791732BR、Ref.179173G、Ref.179173NG、Ref.179173NGE、Ref.179173NGR、Ref.179173NGS、Ref.179173NR、Ref.179173NRD、Ref.179173OPG、Ref.179174、Ref.1791742BR、Ref.179174G、Ref.179174NA、Ref.179174NG、Ref.179174NGR、Ref.179174NGS、Ref.179174NR、Ref.179174NRD、Ref.179175、Ref.179175F、Ref.179175FG、Ref.179175FNG、Ref.179175FNR、Ref.179175G、Ref.179178、Ref.179178G、Ref.179178NG、Ref.179178NGR、Ref.179178NR、Ref.179178ZE、Ref.179178ZR、Ref.179179、Ref.179179G、Ref.179179NG、Ref.179179NR、Ref.179179NRD、Ref.179238、Ref.179238G、Ref.179239、Ref.179239G、Ref.179239NG、Ref.179296G、Ref.179296NG、Ref.179296NRD、Ref.179298G、Ref.1793132BR、Ref.179313G、Ref.179369NG、Ref.179383、Ref.179383G、Ref.179383NG、Ref.179383NR、Ref.179384、Ref.179384G、Ref.179384NG、Ref.179458ZER、Ref.179459ZER等(Ref.179***番台)

2016年〜現在

Ref.279160

Ref.279171

Ref.279173

Ref.279174

Ref.279178

ケースサイズが28mmへとサイズアップし、「レディ デイトジャスト(デイトジャスト 28)」と名称も変更された。
新型ムーブメントCal.2236を搭載。パワーリザーブが従来モデルの48時間から55時間延長され、新たにシロキシひげゼンマイを採用し耐磁性能と耐衝撃性能が向上したことによりさらに実用度の高い時計へと進化を遂げた。

モデル情報

Ref.279135RBR、Ref.279136RBR、Ref.279138RBR、Ref.279160、Ref.279161、Ref.279161G、Ref.279163、Ref.279163G、Ref.279165、Ref.279166、Ref.279171、Ref.279171G、Ref.279171NG、Ref.279173、Ref.279173G、Ref.279173NG、Ref.279174、Ref.279174G、Ref.279174NG、Ref.279175、Ref.279175G、Ref.279175NG、Ref.279178、Ref.279178G、Ref.279381RBR、Ref.279383RBR、Ref.279384RBR等(Ref.279***番台)

デイトジャスト(ボーイズ)の歴史と代表的なモデル

〜1990年頃

Ref.6827

レディースサイズより5mm大きい31mmで誕生。
メンズ・レディースを問わないユニセックスモデルとして展開する。

モデル情報

Ref.6824、Ref.6827等

1990年頃〜1998年

Ref.68240

Ref.68273

Ref.68274

ムーブメントはCal.2135を搭載。日付け早送り(クイックチェンジ)機能付きで、パワーリザーブは48時間。
風防がサファイアガラスになり防水性能が向上した。

モデル情報

Ref.68149BIC、Ref.68159BIC、Ref.68240、Ref.68243、Ref.68246、Ref.68246G、Ref.68246MG、Ref.68248、Ref.68273、Ref.68273G、Ref.68273NR、Ref.68274、Ref.68274G、Ref.68274NA、Ref.68278、Ref.68278G、Ref.68278NGS、Ref.68279、Ref.68279BIC、Ref.68279G、Ref.68286G、Ref.68288G、Ref.68289 BIC等(Ref.68***番台)

1999年〜2006年

Ref.78240

Ref.78274

搭載ムーブメントをCal.2235に刷新。
ムーブメントの載せ替えにより型式番号も刷新。リューズ一段引きの日付早送り操作が上方向から下方向に変わる。

モデル情報

Ref.78240、Ref.78243、Ref.78246、Ref.78246G、Ref.78273、Ref.78273G、Ref.78273NG、Ref.78273NR、Ref.78274、Ref.78274G、Ref.78274NG、Ref.78274NR、Ref.78274NRD、Ref.78278、Ref.78278G、Ref.78279G、Ref.78286G等(Ref.78***番台)

2007年〜2018年

Ref.178240

Ref.178241

Ref.178243

Ref.178271

Ref.178273

ムーブメントに変更はないが、外装部に大幅なアップデートがなされた。
ラグの表面がポリッシュ仕上げに変更されたほか、ブレスレットのセンターリンクが中空から無垢材に変更された。
バックルにも変更が見られ、ジュビリーブレスではメンズサイズ同様コンシールドクラスプが採用され高級感が増した。
レディースモデルにはない文字盤やベゼルのデザインも新たに加わり、バリエーションが豊富に。

モデル情報

Ref.178240、Ref.178241、Ref.178241G、Ref.178241NR、Ref.178243、Ref.178245、Ref.178246G、Ref.178271、Ref.178271G、Ref.178271NG、Ref.178271NR、Ref.178273、Ref.178273G、Ref.178273NG、Ref.178274、Ref.178274G、Ref.178274NG、Ref.178274NR、Ref.178274NRD、Ref.178278、Ref.178278G、Ref.178279G、Ref.178288G、Ref.178341、Ref.178341G、Ref.178341NG、Ref.178341NR、Ref.178343、Ref.178343G、Ref.178343NG、Ref.178343NR、Ref.178344、Ref.178344G、Ref.178344NG、Ref.178344NR、Ref.178383、Ref.178383G、Ref.178383NG、Ref.178384、Ref.178384G、Ref.178384NG、Ref.178384NR等(Ref.178***番台)

2018年〜現在

Ref.278240

Ref.278243

Ref.278271

Ref.278273

Ref.278274

ケースサイズは変わらず、「デイトジャスト 31」なって登場。
新型ムーブメントCal.2236搭載に伴い型式番号も変更された。従来モデルよりもパワーリザーブが延長され、新たにシロキシひげゼンマイを採用し耐磁性能と耐衝撃性能が向上したことにより、さらに実用度の高い時計へと進化を遂げた。

モデル情報

Ref.278240、Ref.278241、Ref.278241NG、Ref.278243、Ref.277243G、Ref.278271、Ref.278271G、Ref.278273、Ref.278273G、Ref.278274、Ref.278275G、Ref.278285RBR、Ref.278288RBR、Ref.278289RBR、Ref.278341RBR、Ref.278343RBR、Ref.278344RBR、Ref.278381RBR、Ref.278383RBR、Ref.278384RBR等(Ref.278***番台)

最近チェックした商品

スマートフォンPC