ロレックス パーペチュアル 1908(新品)

ロレックス パーペチュアル 1908(新品)

ロレックス パーペチュアル 1908

ロレックスのブランド名が誕生した1908年からネーミングされた「パーペチュアル 1908」。チェリーニの後継機種となるクラシックスタイルの、エレガントなドレスウォッチコレクションです。

優美なドーム&フルーテッドベゼルにセットされる文字盤は、視認性の高いインデックスとスモールセコンドを備えた初期のオイスターパーペチュアルを思わせる普遍的なデザインで、先端がサークル状の特徴的な短針とシャープなフォルムの長針を備えた、ホワイトとブラックの2色で展開。

アリゲーターレザーストラップが組み合わされるケースはトランスパレントケースバック仕様で、66時間パワーリザーブ性能を誇る高精度クロノメーターの新開発自動巻きムーブメントCal.7140を搭載。18Kイエローゴールドまたは18Kホワイトゴールドの高級感あふれる素材が用いられ、39mm径で厚さ9.5mmというスリムなフォルムで着用感も高められた上質なタイムピースです。

パーペチュアル 1908に関連するブログ記事


ロレックス パーペチュアル 1908の歴史と代表的なモデル

1908年
創業者、ハンス・ウィルスドルフがブランド「ロレックス」を設立。
スイスのラ・ショー=ド=フォンにて「ROLEX」を商標登録したのち、ブランド名とした。
2023年
Ref.50535

Ref.50535

クラシカルなドレスライン「チェリーニ」シリーズで唯一残っていた「チェリーニ ムーンフェイズ」が廃盤となる。

【モデル情報】

Ref.50535

2023年
Ref.52509

Ref.52509

チェリーニの後継機種となる、上質なゴールド素材を用いたエレガントなドレスウォッチ「パーペチュアル 1908」コレクションが誕生。
アリゲーターレザーストラップが組み合わされる、厚みを抑えた39mmケースはトランスパレントケースバック仕様で、高精度クロノメーターの新開発自動巻きムーブメントCal.7140を搭載。文字盤は初期オイスターパーペチュアルからインスパイアされたクラシカルなテイストに、現代的でシャープな形状の針がセットされ、ブラックとホワイトの2色で展開。

【モデル情報】

Ref.52508、Ref.52509

最近チェックした商品

スマートフォンPC