オメガ OMEGA を買うなら宝石広場

オメガ OMEGA

オメガ OMEGA

世界最大の時計製造グループ「スウォッチ」グループの中で、圧倒的な存在で最も重要な役割を担うOMEGAオメガ。その歴史は、時計師ルイ・ブランが1848年にスイス北部の山岳都市ラショードフォンに時計工房を開設したのが始まりです。それまでの人の手による製造から、機械による自動化を進め、さらには世界で初めてパーツごとの分業方式を採用して生産規模を拡大していきました。1894年には、高精度の「19型キャリバー」が完成。このキャリバーは「究極の」という意味を込めて、ギリシャ語の最終文字から「オメガ」と命名され、1903年には社名として採用されました。

社名変更後もさらなる発展を遂げ、一瞬の究極の精度が要求されるオリンピック公式時計を、1932年のロサンゼルス大会から担当。その後も他のブランドよりも圧倒的に多く公式時計を担当し、全世界に「高精度のオメガ」の名声を轟かせます。そして、1957年に初代が誕生したクロノグラフモデル「スピードマスター」は、NASAの宇宙計画で採用され、月面で時を刻んだ時計として、唯一無二の存在となっています。1948年の誕生から常に進化し続けるプロフェッショナルダイバーズウォッチの「シーマスター」、星座を意味する高精度なスタンダードコレクション「コンステレーション」、エレガントかつ洗練されたテイストの「デ・ビル」コレクションも、誕生以来あらゆる世代で人気を集めています。

非常に多くのラインナップを擁するオメガのウォッチコレクションを、宝石広場では、最新の現行モデルからヴィンテージなど希少なレアモデル、メンズ&レディース各サイズ各カラー、新品&中古などバリエーション豊富に数多く取り揃えております。



オメガ スピードマスター(新品)

オメガ シーマスター(新品)

オメガ コンステレーション(新品)

オメガ デ・ビル(新品)

オメガ その他(新品)

中古オメガ



オメガの歴史

1848年
時計師ルイ・ブランがスイスのラショードフォンに時計工房を開設。
1879年
ルイ・ブランが死去。セザール・ブランが経営に参加。
1882年
本社をビールに移動。
1894年
キャリバー『オメガ』を製作。
1903年
『OMEGA』が社名に正式に採用される。
1930年
SSIHグループを結成する。
1965年
スピードマスターがアメリカ航空宇宙局(NASA)の公式腕時計として採用される。
1983年
スウォッチグループの前身にあたるSMHグループを結成する。
1999年
独立時計師であるジョージ・ダニエルズが開発したコーアクシャルと呼ばれる新機構を採用。これにより機械式時計の心臓部である調速機構との動力伝達を果たす脱進機機構における摩擦を大幅に低減した。

オメガについての豆知識

ウルトラ警備隊正式採用

ウルトラセブンに登場する地球防衛軍の精鋭部隊、ウルトラ警備隊の隊員に正式採用されている描写がある。

ミハエル・シューマッハ

F−1ドライバーのミハエル・シューマッハが以前からオメガの大ファンである事をテレビ番組で知ったオメガの社員が個人スポンサーのオファーをし、契約された。
その後もシューマッハはスピードマスターを愛用しているだけでなく、現役時代はもちろん、引退後もその偉業を称えて記念限定モデルが発表されている。

ジェームス・ボンド

1995年公開の「GOLDEN EYE」よりサポートし続け、23作目の「SkyFall」ではプラネット

ジャック・マイヨール

伝説のプロダイバー、ジャック・マイヨールとオメガが共同開発した『シーマスター120』。81年、このモデルを装着してジャック・マイヨールがイタリア、エルバ島沖で無呼吸潜水101mという当時の世界記録を樹立しました。

オメガの買取について

オメガの修理・オーバーホールについて

最近チェックした商品