タグ・ホイヤー TAG HEUER を買うなら宝石広場

タグ・ホイヤー TAG HEUER

タグ・ホイヤー TAG HEUER

ロレックスやオメガと並んで、スイスを代表する時計ブランド「タグホイヤー」。その歴史は、今から150年以上も前の1860年に、スイスの山岳部にある小さな村サンティミエにエドワード・ホイヤーが開設した時計工房が始まりです。

高精度なクロノグラフの研究開発を独自に進め、1916年には世界初の100分の1秒が計測可能なクロノグラフ「マイクログラフ」を発表。その後も、モータースポーツ業界と密接に関わりながら数多くのエポックメイキングな時計を生み出し続けています。マクラーレンF1チームや天才レーサーアイルトン・セナ、片山右京やルイス・ハミルトンをスポンサードし、レーシングカーを連想させる精悍なスタイルが特徴の「フォーミュラ1」コレクションをはじめ、「モナコ」「カレラ」・「モンツァ」・「シルバーストーン」などのサーキット名を冠したモデル、回転ベゼルを備えたレース用クロノグラフ「オウタヴィア」などが有名です。
レーシング系のモデル以外にも、人間工学を導入し洗練されたデザインの「リンク」や、ダイバーズに特化した「アクアレーサー」などの主力コレクションがあります。

非常に多くのラインナップを擁するタグホイヤーのウォッチコレクションを、宝石広場でも、最新モデルから人気定番モデル、サイズやカラーバリエーション、新品も中古商品も、常に数多く取り揃えております。

タグ・ホイヤー モナコ(新品)

タグ・ホイヤー カレラ(新品)

タグ・ホイヤー アクアレーサー(新品)

タグ・ホイヤー リンク(新品)

タグ・ホイヤー フォーミュラ(新品)

タグ・ホイヤー その他(新品)

中古タグ・ホイヤー

タグホイヤー アクセスランキング【集計期間:2018/8/1〜9/1】



タグ・ホイヤーの歴史

1860年
エドワード・ホイヤーがサンティミエに時計製造工場を開設
1864年
エドワード・ホイヤー事業をプルークに移転。エドワードホイヤー&カンパニーと命名
1876年
エドワード・ホイヤーがロンドンに支社を設立する。
1883年
アムステルダム国際展覧会で銀賞を受賞する。
1887年
タグ・ホイヤーの看板ムーブメント『Cal.1887』にも採用され、タグ・ホイヤーの基礎と言っても過言ではない振動ピニオンの特許を取得する。
そしてこの年、 エドアルド・ホイヤーの息子ジュール=エドアルドが経営に参加する。
1891年
チャールズ・オーガスト・ホイヤーが宝石学の学位を取得し、タグ・ホイヤーの経営に参加する。
1892年
エドワード・ホイヤーが死去。(享年52歳)
1895年
初の懐中時計用防水ケースを開発し特許を取得する。
1908年
現在でも医師に使用されているパルスメーターダイヤルの特許を取得する。
1911年
航空機、自動車向けに初のダッシュボードクロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」を発表。
1912年
レディースウォッチの生産を始める。
1916年
世界で初めて100分の1秒まで計測可能なストップウオッチ『マイクログラフ』を開発する。
1929年
ホイヤーのロゴが作成される。
1955年
第2時間帯を備えた自動巻腕時計「ツインタイム」を発表する。2時位置にあるプッシュボタンを押すと、小さな針が独立して作動しローカルタイムを表示することが可能になった。
1958年
チャールズ・エドワード・ホイヤーの息子である、ジャック・ホイヤーが経営に参加する。
1959年
子会社ホイヤー・タイマー・コーポレーションを米国に設立する。
1963年
ジャック・ホイヤーが1950年代に始まった「カレラ・パンアメリカーナ・ラリー」へのオマージュとして、「カレラ」を発表する。
1964年
クロノグラフの製造会社レオニダスと合併し、正式な社名をホイヤー=レオニダスとする。
1969年
「クロノマティック」を備えたクロノグラフ「オータビア」と「カレラ」を発表する。
1971年
1971年〜1979年までフェラーリチームのスポンサーと公式計時を務める。
1988年
アイルトンセナがタグ・ホイヤーのアンバサダーに就任する。
1992年
F1世界選手権の公式時計を担当する。
1999年
LVMHの傘下に入る。
2001年
ジャック・ウィリアム・ホイヤーがタグ・ホイヤーの名誉会長に就任する。
2003年
サンモリッツで開催された2003年FISアルペンスキー世界選手権大会の公式計時を担当する。
2008年
ラ・ショー・ド・フォンにてタグ・ホイヤー360ミュージアムをオープン。
2012年
リンクレディコレクションを発表し、女優のキャメロン・ディアスがアンバサダーに就任する。

タグ・ホイヤーについての豆知識

特許

タグ・ホイヤー初の特許取得は1869年、懐中時計用の鍵なしリューズ巻き上げ機構である。

オリンピック

1920年のアントワープ、1924年のパリ、1928年のアムステルダムと、なんと3大会連続でオリンピックで採用された。

マイクロタイマー

1966年、世界初となる1/1,000秒の精度を誇る小型電子計時装置を発表した。

タグ・ホイヤーの買取について

タグ・ホイヤーの修理・オーバーホールについて

最近チェックした商品