ロレックス サブマリーナ(新品) を買うなら宝石広場

ロレックス サブマリーナ(新品)

ロレックス サブマリーナ ROLEX SUBMARINER

潜水時間の計測が可能な回転ベゼルを装備し、100m防水性能を実現して1953年に誕生した、世界初のダイバーズウォッチ「サブマリーナ」。力強く機能的なデザインで、誰もが「ダイバーズウォッチ」として連想する、アイコン的な地位を確立しています。

現行モデルは、精悍なブラック文字盤の「116610LN」、ロレックスのコーポレートカラーの緑色で彩られた「116610LV」、ステンレススチールとイエローゴールドのコンビ仕様のブラック文字盤の「116613LN」と青サブと呼ばれるブルーが美麗な「116613LB」、華やかなイエローゴールド無垢素材仕様のブラック文字盤「116618LN」とブルー文字盤「116618LB」、サブマリーナでは初となる高級感あふれるホワイトゴールド無垢素材が採用された「116619LB」の7モデルに、日付表示が無くスッキリとしたデザインのサブマリーナノンデイト「114060」の全8モデルがラインナップされています。

キズに強いセラミック素材をベゼルに採用し、ブレスレットとバックルも堅牢性と高級感が向上した新型デザインとなった外見に、パラクロムヘアスプリングの採用で耐磁性と耐衝撃性がアップし、クロノメーター認定を取得した高精度のムーブメントを搭載。300mの防水性能を誇るダイバーズウォッチとしてだけではなく、カジュアルからビジネスまで、あらゆるシーンで季節を問わず活躍するスポーツモデルとして、宝石広場では全ての高級時計の中でも常に1、2位を争う人気タイムピースです。



ロレックス サブマリーナの歴史

1926年
完全防水を達成した「オイスターケース」で特許を取得
1927年
ロレックスの時計を着用した女性記者メルセデス・グライツがドーバー海峡を泳いで渡ることに成功
1952年
防水性を向上させる、所謂ねじ込み式リューズ「トリプロック」で特許を取得
1953年
「回転ベゼル」で特許を取得
1954年
初代サブマリーナー(Ref.6204)発表
1960年
オーギュスト・ピカール親子が、ロレックスを船体に付けた潜水艦"トリエステ号"で潜水深度記録を樹立する

ロレックス サブマリーナ代表的なモデル

Ref.6204
製造期間:1953年頃-1956年頃
初めて「サブマリーナー」としてカタログに記載されたモデル。針のデザイン等が異なるが、回転式ベゼルを備えていた。
Ref.6205
製造期間:1954年頃-1956年頃
二代目のサブマリーナーとされるモデル。文字盤に"100m=330f"の防水性能が表示された
Ref.6200
製造期間:1954年頃-1957年頃
エクスプローラーI似た意匠で、3・6・9のアラビア数字が記載されている。
Ref.6538
製造期間:1956年頃-1964年頃
防水性が200mにアップし、全回転両方巻き上げ式ローターが装着されたモデル。
所謂"ベンツ針"も採用されており、現在のサブマリーナーの原型ともいえる。
Ref.6536
製造期間:1956年頃-1964年頃
Ref.6538の廉価版に位置付けられていたと思しきモデルで、防水性能が100mにダウンしている上、ノンクロノメーター仕様であった。
Ref.5508
製造期間:1958年頃-1965年頃
史上最後の100m防水仕様サブマリーナー。
基本的にはノンクロノメーター仕様ながらも、ハイビート・高精度でロングセラーだった。
Ref.5510
製造期間:1958年頃-1960年頃
ビッグサイズのリューズを備え、ハイビートキャリバーを搭載するも、わずか2年で製造を終えたモデル。防水性能は200m。
Ref.5512
製造期間:1959年頃-1977年頃
リューズガードが初めて取り付けられ、ねじ込みリューズも"トリプロック"が採用された信頼性を高めたモデル。バックルもフリップロック式になり、回転ベゼルは押回し式となった。長期間販売された。
Ref.5513
製造期間:1964年頃-1985年頃
Ref.5512の廉価版として発売されたノンクロノメーターモデル。25年にもわたって発売されたロングセラーで、イギリス軍にも採用された。前期型と後期型が存在する。
Ref.1680
製造期間:1965年頃-1980年頃
初めて"デイト"(日付表示)機能が追加されたモデル。日付の表示を2.5倍に見せる、ロレックス独自のサイクロップレンズも採用された。
Ref.16800
製造期間:1979年頃-1985年頃
風防にサファイアガラスを初めて採用した。プラスティックの約3倍の強度を持ち、防水性能が300mに達した。また、誤操作を防止する逆回転防止ベゼルと、日付のクイックチェンジ採用された高スペック機。インデックスのデザインが異なる前・後期型が存在する。
Ref.168000
製造期間:1989年頃
Ref.16800後期型と同一の仕様。
Ref.16610
製造期間:1989年頃-2010年頃
20年間販売されたロングセラーモデル。トリチウムの廃止やエクステンションブレスの採用、王冠透かし等、マイナーチェンジが繰り返された。
Ref.16610LV
製造期間:2003年頃-2010年頃
Ref.16610のバリエーションの一つ。ベゼルがグリーンになっている。
Ref.116610LN
製造期間:2010年頃-
現行モデル。ベゼルに傷のつきにくい硬質セラミックを使用している。また、パラクロムヒゲゼンマイを採用し、耐磁性能を向上させている。
Ref.116610LV
製造期間:2010年頃-
ベゼル・ダイヤルにロレックスの象徴であるグリーンを用いた現行モデル。
Ref.14060
製造期間:1989年頃-2000年頃
Ref.5513の後継機であるノンデイト仕様のサブマリーナー。サイクロップレンズ以外はRef.16610と同様のデザイン。ムーブメントが刷新され、防水性能も300mにアップした。
Ref.14060M
製造期間:2000年頃-2012年頃
前作からムーブメントを変更したモデル。外観の変化はほぼ無い。後に、同一モデルながらクロノメーターを取得したものも発売される。
Ref.114060
製造期間:2012年頃-
現行モデル。ムーブメントこそ同じだが、パラクロムヒゲゼンマイに加え、セラミックベゼルも採用された高性能機。夜光もクロマライトへと移行した。

ロレックス サブマリーナについての豆知識

ジェームズ・ボンド

過去の映画「007」シリーズの劇中で、主人公ジェームズ・ボンドがサブマリーナーを使用していた。Ref.6538もしくはRef.5510が有力とされるが、真相は未だ不明。

赤サブ

「Ref.1680」にみられる、"SUBMARINER"の表記が赤い個体が通称「赤サブ」と呼ばれる。生産数が少ない為、レアなモデルとして人気があります。

最近チェックした商品