カルティエ CARTIER を買うなら宝石広場

カルティエ CARTIER

カルティエ CARTIER

世界中の王侯貴族に愛されたカルティエのジュエリー。
「伝統と革新」というコンセプトのもとに気品溢れるコレクションを数多く発表しています。



カルティエの歴史

1819年
カルティエ創設者「ルイ=フランソワ・カルティエ」誕生。
若かりし彼は、宝石商アドルフ・ピカエールの元で宝石について学びます。
カルティエ創設年とされている1847年、カルティエはピカエールから、パリのアトリエを譲り受け、このアトリエがカルティエ・メゾンの偉大な歴史の第一歩となります。
1853年
ヌーブ・デ・プティ・シャン通りに本格的な店をかまえ、 59年にはイタリアン大通りに、さらに99年には、ルイ=フランソワの息子 「アルフレッド・カルティエ」が、ラ・ペ通りへと店を移転させていきました。
また、アルフレッドは3人の息子「ルイ」「ピエール」「ジャック」に カルティエの成長を託し、それぞれ、パリ、ロンドン、ニューヨークという 3大都市のショップを任せます。
なかでもパリに残り、カルティエの基盤を支えた長男のルイは、その才覚をいかんなく発揮し、カルティエの発展に大きな影響を与えたと 言われています。
パリ、ロンドン、ニューヨークの3都市で世界的な宝石ブランドとして躍進したカルティエは、イギリス国王エドワード7世に「王の宝石商、宝石商の王」と 評されるまでになります。
そんな中、ルイは親交のあった飛行家アルベルト・サントスから、 飛行中にハンドルから手を離さず、時間を確かめる時計が欲しいと相談されます。(当時、男性が携帯するのは懐中時計が一般的でした)
そこで、ルイは、高名な時計職人エドモンド・ジャガーの手を借りて、 腕時計のコレクションを誕生させます。
このカルティエ最初のウォッチは、「サントス」と名づけられました。
この「サントス」が世界ではじめて成功をおさめた、 紳士用腕時計とも言われています。
その後も、樽の形からインスピレーションを得た「トノー」や、 亀の甲羅をモチーフにした「トーチュ」、戦車からインスピレーションを 受けてデザインされた「タンク」など、数々のウォッチ・コレクションを 展開していくこととなるのです。
1904年
イギリス王室(エドワード7世)の御用達となったカルティエは、その後もイギリス王室の様々な儀式に際して、 製品を提供していくことになります。
また、詩人ジャン・コクトーのためにつくられたという 「スリーゴールドリング」(トリニティ)や、香水コレクション「パル口コミ カルティエ」、ライターコレクション、レザーグッズ コレクションなど、次々と斬新で新しい部門を開拓していきます。
1970年
「レ マスト ドゥ カルティエ」を提唱し、機能的で 広く社会に受け入れられる新しい高級品ブランドのイメージを作り上げました。
1980年
〜1990代
数々の新しいコレクションが発表され、 その多くのコレクションが、世界中の人々を魅了しています。
多くの貴族や諸侯に愛されたジュエリーブランドは、国際的に広く認知され、幅広い層の人々へ、そのエレガントで繊細な輝きを届け続けているのです。

最近チェックした商品