カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
Tax Free Shop
極みシリーズ ショーメ
当店の中古時計について
カテゴリ画面・上部(CATEGORY_HEADER.html)

フランクミュラー FRANCK MULLER

フランクミュラー FRANCK MULLER

フランクミュラー FRANCK MULLER

 1991年、「20世紀の天才時計師」と呼ばれた「フランク・ミュラー」は自らの会社を設立、複雑機構の開発で次々と話題作を発表し、一躍トップブランドへと成長を遂げます。クレイジーアワーズなどの奇想天外な機構の発明など、世界初の機構は、30以上にも及ぶんだとか。
「経営者」ではなく「時計師」として時計を作り続けるフランク・ミュラーの世界だからこそ作れた度肝を抜かれるデザインやメカニズムがファンを魅了して止みません。今現在でも卓越した発想と技術で時計界をけん引し続けています。

     
フランクミューラー 中古 ゆる極 フランクミューラー特集
フランクミューラー 中古 ゆる極 フランクミューラー特集  
フランクミューラー トノウ カーベックス 新品 フランクミューラー カサブランカ 新品 フランクミューラー ロングアイランド 新品
トノウ カーベックス 新品 カサブランカ 新品 ロングアイランド 新品
メンズ|レディース|ユニセックス メンズ|レディース|ユニセックス メンズ|レディース|ユニセックス
フランクミューラー コンキスタドール 新品 フランクミューラー マスタースクエア 新品 フランクミューラー その他 新品
コンキスタドール 新品 マスタースクエアー 新品 その他 新品
メンズ|レディース メンズ|レディース|ユニセックス メンズ|レディース

フランクミュラーの歴史

1958年
フランクミュラー、スイスラ・ショー・ド・フォンに誕生し、幼い頃から精密機械仕掛けの素晴らしさをイタリア人の母から学んでいた。
1986年
1980年代初頭からフランク・ミュラーは時計師としてオリジナルウォッチを作成。1986年、世界初の「フリー・オシレーション・トゥールビヨン」ジャンピングアワー付きの腕時計でバーゼルデビューを果たしその名を広く知られるようになる。
1991年
パートナーであるヴァルタン・マルケス氏と出会い意気投合、「テクノウォッチ」という会社組織としブランドを設立する。1992年には日本・伊・米国と販売契約を結び世界初のブティックをオープン。
1992年
ブラント゛誕生と共に開発された「トノウ・カーベックス」コレクションを発表。 後にフランク・ミュラーを代表するコレクションとなる独特のケースフォルムはフィット感が素晴らしく、オーナーである事の喜びを感じさせてくれる。 キャリバー92製作。
1993年
ジュネーブサロンに初めて出店する。 キャリバー93製作。
1994年
休日や旅行に気軽に使える時計を作りたいと考え、ベーシックモデル「カサブランカ」を発表。1942年の名作映画「カサブランカ」からインスピレーションを得ている。 キャリバー94製作。
1995年
スイスのジュネーブ市街地からほど近い静かな村ジャントウにある、1905年に建設されたネオゴシック様式の城館“レ・ザマンドリエ”へ工房を移す。 「インペリアルトゥールビヨン」を発表。 キャリバー95製作。
1996年
大のモータースポーツファンのフランクは、ル・マン24時間耐久レースに出場する マクラーレンのスポンサーとなり、記念モデル「エンデュランス24」を発表。

最高級シガーのスパイシーな香りと独特な色合いにインスピレーションを得て「ハバナ」を作成。このモデルの登場後、世界中でシガーブームが巻き起こる。

クラシカルなダイヤルが特徴的な「クロノメトロ」、世界の金融市場の時刻を瞬時に知りたいという銀行家のリクエストにより作られた「マスターバンカー」もこの頃誕生。 キャリバー96製作。
1997年
ル・マン24時間耐久レースのオフィシャル・タイムキーパーに選ばれたことを記念して「エンデュランス24」を発表。男性的でスポーティーな印象をクロノグラフのデザインに落とし込んだモデル。
キャリバー97製作。
1998年
「フランク・ミュラー・ウォッチランド」に社名変更し、新作時計発表会の「W.P.H.H」を開催する。
16世紀に名を馳せたスペインの征服者から名を取った「コンキスタドール・クロノグラフ」を発表。その迫力と存在感は「征服者」たるにふさわしい。
キャリバー98製作。
1999年
時計でカジノのルーレットが楽しめる、大人の遊び心を刺激する「ヴェガス」を発表。
キャリバー99製作。
2000年
20〜30年代に大流行したレクタンギュラ―・スタイルを現代風に解釈した「ロング・アイランド」が誕生。程よいボリューム感とエレガントなフォルム、心地よいフィット感など、フランク・ミュラーのアイコンウォッチとして男女問わず人気がある。
キャリバー2000製作。
2001年
ボリューム感あふれるトノウシェイプとラウンドダイヤルを組み合わせて誕生した「トランス・アメリカ」は、スポーティさとエレガンスを見事に表現したモデル。
2002年
オーナー自らがトゥールビヨン・ケージをボタン一つで自由に扱うことが出来るようになった画期的な腕時計「トゥールビヨンレボリューション」を発表。
2003年
文字盤にはランダムに数字が配置され時針がジャンプすることによって時を刻む、奇想天外なモデル「クレイジーアワーズ」を発表。
「トゥールビヨンレボリューション2」を発表
2004年
「トゥールビヨンレボリューション3」「クレイジーアワーズ・トゥールビヨン」を発表。
2005年
アールデコ様式のスクエアフォルムに特徴的なローマンインデックスを採用した「マスタースクエア」を発表。
2006年
ラテン語で“永遠”を意味する新世代トゥールビヨン搭載コレクション「エテルニタス(AETERNITAS)」を発表。最終形の「エテルニタス5」には、999年間無調整で作動する「エターナルカレンダー」や様々な機能が搭載され、超絶グランドコンプリケーションへと進化を遂げた。
2007年
一見時計が止まっているように見えるが、9時位置のプッシュボタンを押すと現在時刻を表示してくれるモデル「シークレットアワーズ」を発表。
アートコレクション3部作として「アールデコ」、「ギャレ」、「ハート トゥ ハート」を発表。
2009年
エッジの効いたフォルムと斬新なインデックスが特徴的な「インフィニティ」コレクションを発表。
2010年
2009年にシンガポールで開催されたF1グランプリを称賛したモデル「コンキスタドール・グランプリ」を発表。フランク・ミュラー初のスポーツウォッチである。
2011年
ケースとダイヤルの全面に、クロコダイルの斑模様を彫り込むことで時計界に「オールブラック」という新たな境地を切り開いたセンセーショナルなモデル「ブラッククロコ」を発表。
2012年
ドクロを文字盤に配し、時間が刻む死生観(限りある人生を楽しむ)を表現した「ゴシック アロンジェ」を発表。
古典的再解釈を加えたエナメル調の文字盤が特徴の「ラウンド ヴィンテージ」を発表。
2013年
「ブラッククロコ」「ゴールドクロコ」に続き、ステンレススティールを磨きこんで爬虫類感がより増した「アイアンクロコ」を発表。

"マジックタイム"のように最高に輝ける瞬間を永遠に・・・という願いを込めて、文字盤にプレシャスストーンを配した「マジックカラー」コレクションを発表。
カテゴリ画面・下部 (CATEGORY_FOOTER.html)