ブレゲ BREGUET を買うなら宝石広場

【営業時間変更のお知らせ】 9月16日(金) より各店舗の営業時間が 11:00〜19:30 となりました。

ブレゲ BREGUET

ブレゲ BREGUET

1747年1月10日にスイスのニューシャテルで生まれたアブラ・ハム・ルイ・ブレゲ。15歳でスイスを離れ、パリのヴェルサイユの時計職人の門を叩きました。
1775年に独立し、自らの時計店を開業したブレゲが最初に着手したことは実用に耐えうる自動巻き機構でした。現在の時計の基礎となる様々な機構や数々のデザインを生み出し、「ブレゲの出現によって時計の歴史は2世紀早められた。」といわれています。マニュファクチュールが生み出した功績は、高級時計のスタンダードとなり、ブレゲの名を文学の文中に取り上げられ文化の一部として存在を不動のものとしました。ブレゲブランド哲学とは、メカニズムに美しさを施し、その技術は時計製造の枠を越え、芸術の域に達するコレクション作り出すことです。

ブレゲ クラシック (新品)

ブレゲ トラディション (新品)

ブレゲ タイプXX (新品)

ブレゲ マリーン (新品)

ブレゲ その他 (新品)

中古ブレゲ



ブレゲの歴史

1775年
ブレゲ、自らの時計店を設立する。
1780年
自動巻き機構の「ペルペチュエル」の開発。
1783年
ミニッツリピーター用のゴング・スプリングを発明。
ブレゲ針&ブレゲ数字をデザイン。
1786年
ギョーシェ文字盤(手彫り)のブレゲ文字盤をデザイン。
1790年
衝撃吸収装置付きの時計、「パラシュート」の開発。
1795年
永久カレンダー・ブレゲひげゼンマイ・ルビーシリンダー脱進機
1801年
トゥールビヨン・レギュレーターの特許
1802年
19年もの歳月をかけてマリー・アントワネットの注文した超複雑時計(自動巻き・
永久カレンダー・ミニッツリピーター等)の完成。
1810年
ナポリ王妃の依頼で開発した初の腕時計の製造
1815年
二重香箱を搭載したマリン・クロノメーターの精密調整装置
1820年
二重秒針の観測用クロノメーターの発明
1823年
アブラ・ハム・ルイ・ブレゲ永眠
1830年
巻き上げ鍵無しの初の時計の開発
1938年
センターセコンドのムーブメントにストップ、リセット機能を搭載。
1939年
恒星時計の特許
1970年〜
パリの老舗宝石商のショーメが「ブレゲ」の復興に乗り出す。
1991年
均時差を考慮考慮した時計機構、永久均時差付き腕時計
1994年
インライン・パーペチュアルカレンダー機構を搭載したインライン・パーペチュアルカレンダー腕時計の開発。
1998年
世界最小の自動巻きクロノグラフムーブメントの開発。
2002年
ムーンフェイズ機構(クイーン・オブ・ネイプルズ)など5件の特許登録
2003年
コラムホイールを採用するアラーム機能のロック機構など7件の特許登録
2004年
ムーブメントのテンプ、チタン製テンプなど7件の特許登録
2005年
2つ以上の調速機構を備えた(ダブルトゥールビヨン)、テン真の耐衝撃装置など15件の特許登録
2006年
ムーブメント用のミュージカル・モジュールなど13件の特許登録
2007年
パワーリザーブ表示など3件の特許登録
2008年
リピーター&アラーム機構用ゴング、シリコン製ブレゲひげゼンマイなど8件の特許登録
2009年
テン真の耐衝撃装置を備えたトゥールビヨンムーブメントなど8件の特許登録
2010年
高振動テンプを組み込んだ機械式ムーブメントなど11件の特許登録
2011年
ダブルヘアスプリング、腕時計用のミュージカルモジュールなど19件の特許登録
2012年
時計の部品に接触しないトルクの伝達など5件の特許登録

最近チェックした商品