ゼニス エルプリメロ(新品) を買うなら宝石広場

【営業時間変更のお知らせ】 9月16日(金) より各店舗の営業時間が 11:00〜19:30 となりました。

エルプリメロ ELPRIMERO

エルプリメロ EL PRIMERO

言わずと知れたゼニスを代表するムーブメント、「エル・プリメロ」を搭載したシリーズです。
エスペラント語で「第1の」を意味する名前の通り、当時世界で初めて開発された、一体型自動巻きクロノグラフムーブメントでした。さらに、3万6000振動を誇るハイビート設計がもたらす高精度は、クロノグラフで世界最高峰とも言われています。
主力シリーズだけあってバリエーションに富んでおり、中でもオープンフェイスのモデルに人気が集中しています。くり抜かれた文字盤から、時計の心臓部であるテンプの動きを眺めることができます。
2014年には、エル・プリメロとオープンフェイスを採用しながらもクロノグラフ機能をあえて省いた新作"シノプシス"も発表され、更に幅が広がっているシリーズです。



エルプリメロの歴史

1969年
世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメント、"エル・プリメロ"を製作。現時点でも量産型クロノグラフムーブメントとして最高の精度をもち、毎時36,000という高振動のテンプにより唯一1/10秒を計測可能。
1984年
エル・プリメロの製造が再開され、様々なメジャーブランドの時計に搭載されるようになる。
1988年
エル・プリメロがロレックス・デイトナ向けに供給され始める
1997年
"レインボーフライバック"発表
2012年
"エル・プリメロ クロノマスター1969"を発表
2013年
クロノグラフ機構を廃して3針モデルとした"エル・プリメロ エスパーダ"を発表
2014年
エスパーダに代わり、オープンフェイスの"エル・プリメロ シノプシス"を発表
2014年
「エル・プリメロ」関連部品を秘匿したシャルル・ベルモのトリビュート限定モデルを発表。

エルプリメロについての豆知識

レインボーフライバックとフランス空軍

1997年のレインボーフライバックは、フランス空軍の要請を受けて製作されたと言われています。

クロノマスター1969

"1969"は、エル・プリメロの誕生年に由来します。

シャルル・ベルモ限定モデル

シャルル・ベルモ氏を称えてつくられた限定生産モデルですが、限定数の1975本は、シャルル・ベルモが部品の秘匿を始めた年に由来します。

最近チェックした商品