「宝石広場ブログ」腕時計・ジュエリーのブランド販売・通販

時計

【贅沢】タグ・ホイヤーの魂【挑戦】カレラ TAG HEUER アクアレーサー

完全にネタ切れ気味のスタッフ・タカギです。

今年も私のバイクに車検が来まして色々と天気と時間と状況を見ながらコツコツと整備しているわけです。

毎回泣かされるのはヘッドライト

・平成10年3月31日より先に製作された車両は、走行中に消灯できない仕組みであること
・光量:1灯式15000cd以上、発光色:白色
※平成17年12月31日以前に製作された車両は 白又は淡黄色でありそのすべてが同一であれば良い

光量が少し足りない気味なんです。2011年式バイクなんですが、やはり外車という所があれなんでしょうか・・・

そしてさらに音量平成13年10月1日以前の制作車両は99db。それ以降は94db

これも指摘され2011年式なんですが、外車という所が問題なんでしょうか・・・ノーマル純正品なんですが・・・

2月には陸運局に2年ぶりのユーザー車検。意外に大変です。

タグ・ホイヤーの2016年新作で気になったもの

前回に引き続きネットを徘徊しているとTAG HEUERに興味深い時計がありました。

タグ・ホイヤー カレラ ホイヤー02T フライングトゥールビヨン

カレラ ホイヤー02T フライングトゥールビヨン

TAG Heuer CARRERA Heuer-02T
This watch symbolises technology, exemplary quality, performance,
manufacture expertise, and the perfect mastery of industrial processes
and manufacturing costs which have made it the only COSC automatic chronographwith Tourbillon produced by the Swiss watch industry for under 15,000 CHF.
The Black Phantom version priced at 19,900 CHF, is part of a limited edition of
250 numbered pieces

メーカーホームページに記載されていましたので、現時点ではこのあたりの価格帯で販売を目指している(確定ではないでしょう)ようですが、タグ・ホイヤーのチャレンジ魂を感じ
させてくれます。

今までほかのメーカーでもこの時計に対して定価設定が参考3,304,800円(税込)
ZE331

でもこのトゥールビヨンはかなり短命だった気がします。機能や造りの面ではなく定価が安すぎたんじゃないでしょうか・・・

アイルトン・セナ限定

 

HO471HO472
そしてタグ・ホイヤーのお家芸というよりも伝統、アイルトン・セナ限定が入荷してました。

やはりセナと言えばタグホイヤーでして、個人的にはリンクブレスのセナが伝統的なのではネオ・セナモデルとしてはチタニウムカーバイトなのでしょうか。それでもリンクブレスへのコダワリ。

アクアレーサー クロノ キャリバー16 300M ブラックバージョン

HO459

個人的なオススメはこちら。バンブルビーカラーなのですが、配色具合が非常に素晴らしい“ちょうどいい”という表現がぴったり
2233703_2197100217_139large
これ乗ってる時代だったら・・・
447515001
これだと車の倍の値段してしまう・・・

カレラクロノグラフ キャリバー17

HO443

最後にツーカウンタークロノ好きのスタッフ・タカギは思いました。

本当に針の位置が絶妙で抜群です。ブルーの文字盤色も抜群です。もっと言うならば、リューズとクロノボタンのサイズ感も最高に抜群です。

カレラ キャリバー18
クロノグラフ テレメーターグラスボックス

HO464

もっとヴィンテージ感が濃いタイプがお好きでしたら。

ケースサイズ39mmでクロノグラフはヴィンテージの雰囲気を上手く現代的にアップデートしているという感じですね。

上のモデルと比較すると41mmサイズに対して39mmというこの2mmの違いが印象を変えてきます。リューズとクロノボタンのバランスもちゃんと考えられていています。

タグ・ホイヤーは本当にクロノグラフを作るのがうまいメーカーです。コストパフォーマンスが良いという事に対して機能もデザインも損なわない完成度を誇ります。

ABOUT ME
【宝石広場 店頭スタッフ:時計業界歴30年以上? / 好きなブランド:ロレックス】90年代に本場スイスで時計業界に携わっていました。 最近痛感したのはいつの間にかビンテージ”になってしまった90年代後期の時計達を見ながら、自分がこの業界に入った時は現行新品でしたという現実。 バイクと時計をこよなく愛し終わらない機械式人生を過ごしてます!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です