ダイヤモンドの選び方

婚約指輪の価格はダイヤモンドの選び方によって大きく変わります。

ダイヤモンドは「大きい=価値がある」と思われがちですが、単純に大きければよいというわけではありません。
ダイヤモンドは主に4Cと言われる基準で価値が決まります。
下記を参考にしていただき、おふたりにぴったりのダイヤモンドをお選びください。

    ダイヤモンドの4C
  • Carat/カラット(重さ)
  • Color/カラー(色)
  • Clarity/クラリティ(透明度)
  • Cut/カット(輝き)
  • 鑑定機関により品質が決定され、その4Cをもとに市場相場から販売店で価格が設定されます。
    4Cについて詳しくはこちらをご覧下さい。

ダイヤモンドの選び方のポイント

まず、ざっくりでいいので予算を決めましょう。
その予算の中で、下記のポイントを参考に選んでみて下さい。
宝石広場オススメ品質

カット = Good 以上
カラー = G 以上
クラリティ = VS 以上
カラット = ご予算の範囲で
(ハイブランドで使用されているダイヤモンドもこの基準がほとんどです。)


ダイヤモンドの輝きを最優先にするのであれば、よりカットがよいダイヤモンドを。
カットのよいダイヤモンドは、実際の大きさよりも大きく見えるのも魅力です。

カット(輝き)

ダイヤモンドの”輝き”を決めるとても重要な要素です。
人間が唯一手を加えられる要素で、美しい輝きを得るためにダイヤのモンドの原石をプロのダイヤモンドカッターが磨いていきます。
そのようにして作り出されたプロポーションの整ったダイヤモンドは、実際の大きさよりも大きく見え、とても綺麗に輝きます。


カラット(重さ)

大きなダイヤモンドならではの存在感が魅力的です。


ダイヤモンド選びは自己満足の要素もあります。

大きさより、とにかくハイクオリティなダイヤモンドを、という方には
専門家でも判別が難しいカラーやクラリティを優先して選びましょう。


カラーとクラリティ(透明度)は専門家でないとなかなか判別が難しいぶん、その部分をこだわることは、
よりハイクオリティなダイヤモンドを選ぶという満足感があります。

カラー(色)

カラーは光によって影響を受けるので、Gカラー以上のものであれば日常生活環境下ではほとんど見分けがつきません。
プロの宝石鑑定士が適切な光源下で、いくつかのマスターストーンと比較することによってやっと区別がつく極めて微妙で繊細なものです。

D E F = 無色(colorless)
G H I J = ほぼ無色(Near Colorless)
実際はH位から黄色味を帯びてみえるようになります。
より無色透明のダイヤモンドを選ぶのであれば、Gカラー以上がオススメです。


クラリティ(透明度)

クラリティはダイヤモンドに対しての思い入れや価値観によるところが多い要素です。
VSクラス以上のダイヤモンドであれば、肉眼ではほとんど判別がつきません。
クラリティを重視することは、よりハイクオリティなダイヤモンドを 選ぶという満足感があります。

以上を参考に、より美しく満足できる
ダイヤモンドをお選びください。