ダイヤモンドの4Cとは?

4Cとは「カラット・カット・カラー・クラリティ」からなる
ダイヤモンドの評価基準です。

カラット(Carat)について

image

カラットは宝石の重さの単位です。
1カラットは0.200グラムで “__ct” と表記されます。
カラット数を大きさの単位と思われている方も多いようですが、
実は “重さ” を指します。
同品質で比較した場合、数値が大きいほど高価になります。


カラー(Color)について

image

無色透明に近いほど希少価値が高まり、高価になります。
純粋無色なものをDカラーとし、以下アルファベット順にE、F、G…Zと いった23段階に評価されます。

宝石鑑定士であっても色の識別は分かりにくく、
適切な光源下でマスターストーンを基準とし判別する微妙なものです。

肉眼ではJカラーくらいまでならほぼ無色に見えますが、
婚約指輪として選ばれる場合は、Gカラー以上をおすすめします。


クラリティ(Clarity)について

ダイヤモンドにはほとんどの場合インクルージョン(内包物)が含まれており、
その量によって決まるのがクラリティです。
内包物が少ないほど高価になります。
内包物のないFLから、肉眼でも発見できるI3まで11段階で評価されます。


クラリティの評価は、内包物の度合や大きさや位置などによって決められます。
ダイヤモンドの輝きに影響を与えるような内包物を避けたい場合は、
肉眼では内包物を発見することは非常に困難で、輝きに影響を与えることもほとんどないVSクラス以上がおすすめです。

フローレス・インタナリーフローレス FL フローレス 10倍でインクルージョンがなし
IF インタナリーフローレス 10倍でインクルージョンがなし 研磨の傷のみ
ベリーベリー・スライトリー VVS1
VVS2
ベリーベリー
スライトリー
10倍で見えにくい微細なインクルージョン
ベリー・スライトリー VS1
VS2
ベリー
スライトリー
10倍で見えにくいものから
見えやすい範囲の軽度なインクルージョン
スライトリー SI1
SI2
スライトリー
インクルーデット
10倍で見えやすいものから非常に見えやすい
明瞭なインクルージョン
(大きな石では肉眼でも判別できる場合がある)
インパーフェクト I1
I2
I3
インクルーデット 肉眼で見えることが顕著なインクルージョン

カット(Cut)について

image

カットは人間が唯一手を加えられる要素でダイヤモンド自体の
全体的なバランスと研磨の状態を表しています。

●プロポーション(カットの総合評価)
●ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)
●シンメトリー(対称性)

によって評価され、グレードが決まります。
通常5段階で評価され、カット評価の良いものが高価です。

カットは「ダイヤモンドの輝きを決める」
重要な項目です。

カットのグレードは理想的な形『プロポーション』と最良の仕上げ『フィニッシュ(2つの要素、研磨:ポリッシュと対称性:シンメトリー)』の総合的な評価で定められます。
ダイヤモンドのグレードに関しては人それぞれの価値観がありますので、一概にどれが良いかは難しいのですが、ダイヤモンドの特徴である「輝き」に一番関係が深いのはカットだと言われています。